VOYAGEE Blog

VOYAGEE

America and Canada Feature Articles

【留学生必見!】人気留学先のアメリカで事前準備すべきこと
アメリカ留学を検討している皆さん、こんにちは。 今回は、ニューヨークやロサンゼルスなどがあるアメリカの留学前におすすめしたい事前準備について、ご紹介します!   1.パスポートの取得 海外留学を計画する際には、まずパスポートの取得が必要です。特にアメリカアメリカへの留学では、パスポートが到着予定日から少なくとも6か月以上有効であることが求められます。これは、滞在中に予期せぬ状況が生じた際に、渡航先での滞在許可を維持するために重要な条件です。 パスポートの取得手続きは、自国で行います。申請には本人確認書類や写真が必要ですので、余裕を持って準備しましょう。申請後、通常数週間でパスポートが発行されますが、繁忙期や特別な状況下では手続きに時間がかかることもあるため、早めに始めることをお勧めします。 また、パスポートの有効期限が近づいている場合は、更新手続きを検討しましょう。有効期限が短いパスポートでは、渡航先での滞在が制限される可能性がありますので、注意が必要です。 留学を成功させるためには、パスポートの取得や更新を含めた準備が重要です。正確な情報を基に手続きを進め、安全かつスムーズな渡航を実現しましょう。   2.ビザの申請 語学学校や大学へ通う場合は「Fビザ」、専門学校に通うなら「M-1ビザ」を申請する場合が多いです。今回は、F-1ビザ(学生ビザ)の申請についてご紹介します。まず、SEVIS(Student and Exchange Visitor Information System)に登録し、入学許可証I-20フォームを取得しましょう。このフォームは、あなたの留学先の学校から発行されます。I-20が届いたら、申請に必要な書類を揃えます。次に、オンライン申請書DS-160フォームをオンラインで記入し、ビザ申請料金を支払います。申請が完了したら、ビザ面接の予約を行います。 面接当日に持参する必要書類は、パスポート、I-20フォーム、DS-160確認ページ、ビザ申請料金の支払い証明書、面接予約確認書です。また、最近の証明写真や、財政証明書(銀行残高証明書や奨学金証明書)も必要です。面接では、留学の目的や計画について詳しく説明することが求められます。準備を怠らず、自信を持って面接に臨みましょう。   3.海外保険の加入検討 多くの大学や教育機関では、学生が適切な健康保険に加入することを義務付けています。いざという時のためにも、海外保険プランの加入を事前検討しておきましょう。 多くのアメリカの大学は、学生向けの健康保険プランを提供しています。これらのプランは、キャンパス内の医療施設での診療や緊急時の医療費をカバーします。留学生は通常、入学時に自動的にこの保険に加入することが求められます。 また、大学が提供する保険に加入する代わりに、民間の保険会社から保険を購入することも可能です。ただし、大学の規定を満たすカバー範囲を持つ保険でなければなりません。例えば、緊急医療、入院費用、処方薬、精神健康サービスなどが含まれている必要があります。これらの準備をしっかりと行うことで、安心して留学生活を送ることができます。   4.お金の管理 まず、学費や生活費の総額を計算しましょう。学費には授業料だけでなく、教材費や施設使用料なども含まれます。生活費には、住居費、食費、交通費、保険料、日用品費などが含まれます。大学のウェブサイトや留学情報サイトで、おおよその費用を調べて予算を立てましょう。 次に、資金の準備方法を考えます。貯金がある場合は、それを基に計画を立てることができますが、必要に応じて奨学金や助成金の申請も検討しましょう。多くの大学や団体が留学生向けの奨学金プログラムを提供しています。奨学金の情報は、大学の留学生オフィスや奨学金情報サイトで見つけることができます。応募締切日や申請条件を確認し、必要な書類を準備して早めに応募することが大切です。 また、学生ビザでは限られた時間内でのアルバイトが認められる場合もありますが、学業とのバランスを考えながら計画することが重要です。   4.住居の手配 まず、学生寮やアパートのオプションを調査しましょう。多くの大学は学生寮を提供しており、キャンパス内に住むことで通学が便利になります。学生寮は、他の留学生との交流やサポートを受けるのに適しています。一方、プライバシーや独立した生活を重視する場合は、アパートを検討するのも良いでしょう。 アパートを探す際は、大学周辺の安全なエリアを選び、通学の便を考慮してください。また、家賃や光熱費、インターネット代などの費用を把握し、予算に合った物件を見つけましょう。オンラインの不動産サイトや現地の不動産エージェントを活用することができます。 住居が決まったら、契約手続きを行います。アパートの場合、通常は賃貸契約書に署名し、初期費用としてデポジットや最初の月の家賃を支払います。契約内容をしっかりと確認し、不明な点があれば大家やエージェントに質問することが大切です。学生寮の場合も、申込手続きやデポジットの支払いが必要です。 住居の手配を早めに済ませ、留学先での生活にスムーズに適応しましょう。   5.移動手段 アメリカへの渡航前には、飛行機の予約はもちろん、宿泊施設などへの移動手段やチェックイン方法を事前に確認することが重要です。まず、空港、鉄道駅、バスステーションから宿泊施設までの最適な移動方法をリサーチしましょう。主要都市ではタクシーやシャトルバス、公共交通機関などの選択肢がありますが、到着時間や荷物の量に応じて最適な手段を選びます。   特に深夜や早朝に到着する場合など、宿泊施設のチェックイン時間外に到着する可能性があります。この場合、事前に宿泊施設に連絡し、チェックイン手続きについて確認しておくことが重要です。一部の施設ではセルフチェックインのオプションを提供している場合もありますので、その方法や鍵の受け渡し場所を事前に把握しておきましょう。 現地での滞在を快適に過ごすために、スムーズな移動とチェックインの準備を整えて、安心して留学生活をスタートさせましょう。  ...
Read More