【2024年最新】マレーシア旅行者、必読!旅前にストレスフリーな通信SIMカードを準備する方法(完全ガイド)

【2024年最新】マレーシア旅行者、必読!旅前にストレスフリーな通信SIMカードを準備する方法(完全ガイド)

マレーシア旅行の準備は進んでいますか?マレーシアは美しいビーチや熱帯雨林、現代的な都市など多彩な魅力があります。クアラルンプールではペトロナスツインタワーやブキッビンタン、ペナンではジョージタウンの歴史的な建造物など、見どころが満載です。旅行中に写真や動画を撮ったり、地元情報をチェックしたりするには、信頼できるインターネット環境が必要です。そこで今回は、マレーシアでの通信方法についておすすめのSIMカードと設定方法をご紹介します。この情報を活用して、マレーシアの魅力を存分に体験してください。

 

マレーシア滞在を快適に!SIMカードの選び方

1.通信速度・料金プラン

通信速度と容量

マレーシアの都市部、特にクアラルンプールやペナンでは、4G通信が広く普及し、高速なインターネット接続が可能です。一方、郊外や観光地、ランカウイやマラッカを含む地域でも3G接続が利用できるため、基本的な通信ニーズは問題なくカバーされます。しかし、ピークタイムやイベント期間、一部の地域では通信が不安定になる可能性があるため、日程に合わせて適切なデータプランを選びましょう。

 

料金プランの選択

マレーシアのSIMカードの料金は、使用するデータ量や期間によって異なります。各キャリアから様々なプランが提供されているため、自分のニーズに合わせて選ぶことが大切です。

 

ローミングサービスとは?

日本のキャリアの中にはマレーシアでのローミングサービスを提供しています。ですが、料金が高くなることがあるため、長期滞在者や頻繁にデータを使用する方は、現地のSIMカードの検討をおすすめします。

 

2.SIMカードのサイズや種類の確認

■SIMカードの種類

マレーシアでも、標準SIM、マイクロSIM、ナノSIM、そしてeSIMなどのSIMカードが利用できます。使用するデバイスのSIMカードのサイズの種類を確認し、適切なものを選びましょう。特に最新のスマートフォンやタブレットは、ナノSIMやeSIMに対応していることが多く、要チェックです。

 

3.購入受取りアクティベーションの手順

マレーシアのSIMカード購入場所

マレーシアのクアラルンプール国際空港には、到着ゲート(Arrival Gate)を出てすぐに主要なキャリアのカウンターが複数設置されており、旅行者はすぐにSIMカードを購入することができます。市内の大型ショッピングモールやブキッビンタン、ペタリングストリートなどの商業エリアにも、各キャリアの店舗や代理店が多数存在します。また、オンラインでの事前購入も増えてきており、特にeSIMは、マレーシア到着後に即座に通信を利用することができます。

 

現地のおすすめのSIMカード

Celcom SIM

マレーシアで最も歴史のあるキャリアとして知られるCelcomは、国内での広範なネットワークカバレッジを誇ります。都市部だけでなく、郊外やリゾート地でも安定した4G通信を提供しています。観光客や短期滞在者向けのプリペイドプランは、10GB/10日、3GB/14日があります。また、国際ローミングサービスも提供しており、隣国への短期旅行時にも便利です。

 

Digi SIM

Digiは、マレーシアで高いシェアを持つ通信キャリアの一つです。特に若者の間で人気があり、その理由は手頃な価格と高速な4G通信速度にあります。観光客向けのプランでは、9GB/7日や30GB/30日が人気です。また、Digiの店舗は都市部を中心に多数存在し、サポートも充実しています。

 

Maxis SIM

Maxisは、マレーシアでの高品質な通信サービスで知られるキャリアです。都市部、特にクアラルンプールやジョホールバルでの通信が非常に安定しています。プリペイドブランドの「Hotlink」は、高速データ通信と無料のSNS利用を特徴としており、旅行者には非常に便利で、15GB/8日のプランがあります。

 

マレーシアでSIMカードを利用する際のポイント 

1.事前の下調べは必須: SIMカードの取得方法

マレーシアへの到着後、SIMカードを検索するよりも、出国前に購入場所や必要な書類(例:パスポート、入国カード)を調査しておくことが推奨されます。クアラルンプール国際空港などの空港店舗は利便性が高いですが、市内の店舗やオンライン予約がコスト効果的な選択肢となることもあります。

 

2.データ使用量の定期的なチェック

マレーシアでのSNSの利用や動画ストリーミングにより、データ使用量が急増することが考えられます。選択したプランのデータ制限を超えないように、定期的に使用量を確認し、追加データの購入を考慮することが重要です。

 

3.端末とSIMカードのサイズを確認する

使用する端末によって、必要なSIMカードのサイズが異なる場合があります。マレーシアでのSIMカード購入前に、端末がどのサイズのSIMカードをサポートしているかを確認しておきましょう。

 

4.アクティベーションのタイミング

マレーシアのSIMカードは、アクティベーションに若干の時間がかかることがあるため、特に到着直後の通信が必要な場合は、アクティベーションの手順や所要時間を事前に確認しておくとスムーズです。

 

5.SIMロックの確認と対策

一部のスマートフォンは、特定のキャリアにロックされていることがあります。マレーシアのSIMカードを使用する前に、端末がSIMロックされていないかを確認し、必要に応じて必ずロック解除の手続きを行ってください。SIMロックの解除には、キャリアによっては手数料が発生することもあるため、事前の確認が必要です。

 

マレーシア滞在中の通信は、eSIMが最適!

■eSIMの利点

マレーシアは、ペトロナスツインタワーやバトゥ洞窟、ランカウイ島など、魅力的な観光地やショッピングエリアが豊富な国です。これらのスポットをスムーズに巡るため、持ち運びが必要なWi-Fiルーターよりも、シンプルで便利なeSIMの利用がおススメ。eSIMを導入すれば、マレーシア到着直後から安定した通信環境ができ、文化的な観光やマレーシア独特のグルメ探索をより充実させることができます。

 

マレーシア滞在におすすめなeSIMは「VOYAGEESIM

VOYAGEESIM For Thailand&Singapore&Malaysia 

VOYAGEESIM For Thailand&Singapore&Malaysia

商品一覧はこちら

 

3日間3GB /5日間5GB/ 7日間7GBのプランからお選びいただけます。

日本国内で利用しているSIMカードを挿し替える必要なく、そのままeSIMをインストール・設定するだけでお持ちのスマートフォンでマレーシア全域、データ通信ができます。さらに、VOYAGEESIM For Thailand&Singapore&Malaysiaは、マレーシアで最も歴史のある通信キャリアCelecomのネットワークを利用しているため、マレーシア全体で快適な通信が手に入ります。

 

■VOYAGEESIM For Thailand&Singapore&Malaysiaのレビュー 

"とても良かった!
現地でスマホ操作で設定をかえるだけでとてもスムーズに使えました。 また利用します!" ー2024年4月16日ー

"クーポン割◎
現地と帰国後のsimの切替で多少手こずりましたが、切り替え後は問題なく使用出来ました。帰国後のsim切替説明があれば、評価は⭐️5です。 クーポン割でコストは大変安く使用出来ました。"    ー 2024年4月14日 ー

"マレーシア3泊4日
前回の韓国は1度再起動しないと繋がらなかったのですが今回のマレーシアは空港についてすぐに繋がりました。
海外旅行の際には絶対VOYAGESImを利用したいと思います😊"   ー 2024年1月7日 ー  

参照元:VOYAGEESIM For Thailand&Singapore&Malaysia【タイ・シンガポール・マレーシア】eSIM3日間/3GB
               VOYAGEESIM For Thailand&Singapore&Malaysia【タイ・シンガポール・マレーシア】eSIM5日間/5GB

まとめ

マレーシアは、ペトロナスツインタワーやバトゥ洞窟、ランカウイ島など、魅力的な観光スポットが豊富です。そんな各スポットでSNSUPしたり、現地情報を得たりする際に、どのような通信手段を選ぶかは非常に重要です。特に、出発前に通信の準備をしておくことで、到着後にすぐに安定した通信環境を得ることができます。この点で、手間なく設定できる「eSIM」は大変便利な選択肢と言えます。この記事では、マレーシアでの快適な通信環境を実現するためのSIMの選び方について詳しく紹介しました。マレーシアでの通信をスムーズに楽しむために、この情報をぜひ参考にしてください。