【2024年最新】中国旅行者必見!おすすめSIMカードはこれ!SIMカード選びに迷ったら…

【2024年最新】中国旅行者必見!おすすめSIMカードはこれ!SIMカード選びに迷ったら…

皆さん、ニーハオ(你好)!中国では、上海や北京で技術革新が進む中、西安の彫像や、桂林の山水画の仙境(仙人が住む世界)を彷彿とさせる独特の景観、北京近郊の万里の長城 八達嶺(はったつれい)など、全土に深い歴史と豊かな文化があります。そんな、見どころ満載の中国旅行!準備は順調ですか?オンラインで翻訳や、最新の地元情報、SNSチェックと、今や海外旅行時こそ、どこでも快適なインターネット環境が必要不可欠です。この記事では、中国旅行におすすめのSIMカードと、SIMカード選びの注意点をご紹介します。皆様の中国旅行をより快適にするために、これから紹介する情報をぜひご活用ください。

 

1.通信品質とエリアカバー率、料金について

通信できるエリアの確認

中国のSIMカードは、上海や北京などの都市部だけでなく、地方でも安定した通信サービスを提供しています。特に主要な観光地は高速な5G通信サービスを利用できることが多いですが、地方によっては4Gのみの提供となっている場所もあります。エリアカバー率の確認もしておくと安心です。

データの容量と通信の速度

中国では4Gが広く普及しており、主要な都市部や観光地では5Gの通信サービスも普及しています。データプランは旅行のスタイルに合わせて選びましょう。利用シーンを思い浮かべて、動画視聴やデータのアップロードが多い方は、大容量のプランがおすすめです。

料金プラン

中国での滞在期間や使用データ量に合わせて、最もリーズナブルな料金プランを選びましょう。短期の場合は日割りのプランを、長期の場合は月額のプランなど、様々なプランがあるので、自分の旅行日程に最適なプランを選択しましょう。

 

2.事前にSIMカードの種類とサイズ確認をしよう

SIMカードには種類があります

ご自身のスマートフォンに合うSIMカードを選びましょう。物理的なSIMカード(スタンダードSIM、マイクロSIM、ナノSIM)に加え、もともとスマホに組み込まれている最新の「eSIM」利用者も増えています。ご出発前に、お使いのスマホがどのSIMカードに対応しているか、必ず確認しましょう。

 

3.中国でSIMカードを手に入れるには?

SIMカードの購入場所と方法

中国では主に北京や上海の空港、携帯電話ショップ、一部のコンビニエンスストアなどでSIMカードを購入できます。ですが、購入する際にはほとんどの場合、パスポートなどの提示が求められます。また、中国で購入したSIMカードはアクティブにするために身分証明書の登録が必要なため、時間がかかる場合があります。中国国内ではインターネットの規制もあるので、政府公認のVPNサービスを利用する方もいるようです。最新の情報を調べた上で、余裕をもった計画にしておくといいでしょう。また、現地の言葉での対応となるかもしれませんので、言葉に不安のある方は事前に日本での購入をおすすめします。

 

 ■日本で事前に買える、中国渡航用eSIM「VOYAGEESIM」は、こちらから購入できます。

 

中国旅行におすすめ!現地SIMカード

■中国移動(China Mobile)SIM

中国移動(China Mobile)は、中国最大の通信事業者で、最も広い4Gネットワークと5Gカバレッジを提供しています。特に観光客向けのプリペイドSIMカードは、到着したその日から使えるように空港などで手軽に購入でき、登録も簡単です。また、中国国内での通話やテキストメッセージも提供しており、旅行中に地元の情報や交通手段などの利用が容易になります。

■ 中国聯通(China Unicom) SIM

中国聯通(China Unicom)は、国内外で広いネットワークカバレッジを持ち、特に外国の携帯電話との互換性に優れています。中国聯通(China Unicom)のネットワークは5Gに対応しており、高速データプランも提供しています。また、観光客向けのプランを多数取り揃えており、短期間の訪問者から長期滞在者まで幅広いニーズに応えることができます。

■ 中国電信(China Telecom) SIM

中国電信(China Telecom)は安定した接続品質と優れた顧客サービスで知られています。観光客向けのプランでは、主にデータ通信に特化しており、高速インターネットデータを提供するオプションがあります。これは特にSNSの使用や地図アプリの利用に便利で、中国の都市部での観光には十分なデータ量です。しかし、通話や国際SMSは含まれていないため、データ使用が主な旅行者に適しています。

 

中国でSIMカード購入時の注意点

SIMカードの入手場所と支払方法

中国では主に北京や上海の空港、携帯電話ショップ、一部のコンビニエンスストアなどでSIMカードを購入できます。ですが、購入に並んだり、利用開始(アクティベーション)に時間がかかったり、身分証明書の登録も必要なため、計画には余裕をもちましょう。また、中国での支払い方法は近年大きく変化しており、デジタル決済が主流となっています。特にAlipayとWeChat Payは、中国で広く利用されているQRコードベースの電子ウォレットで、特に都市部ではキャッシュレスが進んでいます。しかし、依然、現金やクレジットカードが使える場所もあり、特に地方や小規模な店舗では現金が便利な場合があります​​。銀行カードを使用しての支払いも可能ですが、店舗によっては国際カードの受け入れが限定的であるため、使用前に確認が必要です。事前に複数の支払い方法を準備しておくと安心です。 

自分に合ったデータプラン選び

中国での通信時、日本国内のプランをそのまま使うと、ローミング料金で高額請求になる可能性もあります。ご自身の利用状況に合わせ、オプションの制限や契約内容をしっかり確認して、プランを選びましょう。

対応するSIMカードの確認

渡航前に必ず使用するスマホがどのSIMカードに対応しているか、確認しましょう。SIMカード交換が必要な場合、SIMカードトレーを開けるためのピンや、現在、日本でご利用中のSIMカードをどこに入れておくかも、決めておくと良いでしょう。

SIMロック状態になっていませんか?

持っていくスマホがキャリアによってSIMロック制限されていないか、解除が可能な状態か、渡航前に確認しましょう。SIMロックがかかっている場合、中国で購入したSIMカードが使えない場合があります。中国での通信を快適に開始するためにも、事前にチェックしておきましょう。

 

中国に行くなら!絶対「eSIM」がおすすめ

■中国で「eSIM」を使うメリット

中国旅行には最新の「eSIM」(組み込みSIM)が断然おススメです。「eSIM」は、従来のリアルSIMカードと異なり、スマートフォンにもともと組み込まれたデジタルのSIM。この新しい技術により、SIMカードの物理的な交換が不要になり、オンライン上の数ステップで通信が可能に。今まで不便だった、Wi-Fiルーターのレンタルや持ち運び、充電の必要がなくなり、返却の手間もかかりません。中国の滞在がより快適になること間違いなしです。新しい「eSIM」の技術を活用して、便利で快適な次世代の旅をご経験ください。

 

中国旅行におすすめ!eSIMなら「VOYAGEESIM

VOYAGEESIM FOR CHINA
対応国はこちら

 

esim簡単設定3ステップ

商品一覧はこちら

8日7G、15日9GB、30日15GB、の3プランからお選びいただけます。

VOYAGEESIM」なら、日本国内でご利用中のSIMカードの交換無し!購入待ちも無し!オンラインで買って、現地空港のWi-Fi環境で、設定するだけ!お手持ちのスマートフォンがすぐに中国でデータ通信可能に!簡単&便利&スマートです!

※本商品の通信サービス提供元は、China Unicom (Hong Kong) Limited社です。

 

【2024年4月26日】VOYAGEE 春の新商品キャンペーン!

新商品発売を記念して、対象商品を期間内に購入すると【20%OFF】のキャンペーンを実施します!

キャンペーン詳細はこちら

■クーポン有効期限:2024年5月27日まで

 

まとめ

中国旅行をご計画中の皆様へ、簡単、便利で、快適な「eSIM」のご利用をお勧めします。本記事では、中国旅行に最適なSIMカード、特に「eSIM」のメリット、利用時の注意点などを紹介しました。今回のご旅行が、さらに便利で快適になるために「eSIM」でのインターネット通信で、事前準備の手間を省きつつ、中国の歴史的建造物や文化を存分に楽しんでください!今回の記事で、皆様の中国旅行がより快適になることを祈っています。再見(ザイジィェン)!


おススメeSIM 全商品一覧

売り切れ (申し訳ございません。次回近日中に納品予定となります)
すぐに購入
【中国】eSIM8日間/7GB
【中国】eSIM8日間/7GB
VOYAGEESIM for China
¥1,980